FC2ブログ

過去最低

協会所属のケアマネ実務研修で講師をされているケアマネさんにお聞きしましたが、今年の受験は受験資格が狭まったこともあって過去最低の受験者数になり、合格者数も過去最低になるようです。(過去最低になるのは合格率ではなく合格者数)
一部ネットでは受験者数は昨年の半分位になると出ていました。
今年の受験者数、合格者数、合格率が来年以降も同じくらいで続いていくとケマネージャーは減少していく気がします。
協会はケママネの資質向上を狙って狭き門にしたと思いますがケアマネ数の減少は色んな弊害もありますので、管理者が主任ケマネに限定されてことも含め数年先にはまた変更があるかもしれません。

合格率21.5%

                  受験者数   合格者数    合格率
第20回(H29年度)  131,560 人   28,233人   21.5 %
第19回(H28年度)  124,585 人  16,281人   13.1 %

厚生労働省から発表されている第20回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況の数字です。

昨年まで6年連続10%台の合格率で昨年に至っては13.1%の合格率の試験が今年度急に20%台の合格率に跳ね上がり、合格者数は約170%増、ちょっと納得いかないですね。都道府県が主体とはいえ厚生労働省の意図するところは何なのでしょう。来年より受験資格要件を大幅に厳しくしてケアマネの質の向上を狙っているのに今年度は合格者を大量生産。来年度から極端に合格者が減るためボーナスのつもりで大盤振る舞いしたのか。来年度はどのような数字になるのか楽しみです。

第20回介護支援専門員実務研修受講試験・受験者数

第20回介護支援専門員実務研修受講試験・受験者数は全国で、131,438 人 でした。
昨年度の124,585人より6853人増えただけでした。
来年度より受験資格要件が厳しくなるので駆け込み需要がありもっと受験者数が増えると思っていましたが大きくは増えませんでした。

続きを読む »

小澤紀志子先生のコラム

第20回ケアマネージャー試験総評・合格基準について 「いとう総研」より 

小澤紀志子 先生のコラムがわかり易く良かったのでご参考にしてください。

わかる瞬間のあと

わかる瞬間が来たあとも大事な時期です。わかる瞬間のあと、どのくらい勉強するかで合格点ギリギリの得点なのか、余裕を持って合格発表日が待てる45点以上の得点なのかだと思います。
受験日から合格発表までは意外と長く約2か月弱あります。この間をネット上での合否ラインや補正情報などを気にしてヤキモキした気持ちで待つのは嫌なものだと思います。そんな気持ちにならないためにもわかる瞬間のあとも過去問を中心に50時間、出来れば100時間は勉強してください。そうすれば自己採点50点超えで余裕の2か月が過ごせると思います。