精神障害者の雇用義務化

民間企業に義務付けられている障害者雇用の対象に4月から精神障害者が加わることになります。
企業に一定数の障害者雇用を義務付ける障害者雇用促進法が改正され4月から法定雇用率が2.0%が2.2%に上がります。
なお、精神障害者にはADHDなどの発達障害やてんかんも含まれます。

改正障害者雇用促進法

コメント

コメントの投稿