AI

以前どこかでケアプランをAIが作るようになればケアマネが不要になるという記事を見て不安に感じたことがありましたが利用者にお話しを聴くことはケアマネの人間しかできないのでやはりケアマネは必要でしょうし、プランはAIが作るようになればかえってケアマネは作る手間が省けるのでAIが導入されるのはむしろいいことのように思えてきました。アセスメントしてそれらを入力すれば自動でより良いプランが出来るならプラン作成の一部の手間が省けてその分を違う業務に振り分けたり、時間ができれば利用者さんの話をじっくり聴く心の余裕がでてくると思います。 そうなればいいことですね。

そのようなことを考えてネットで「AI」を検索していると、仮想通貨にたどり着き、「マイナー」「マイニング」等を知ることになりました。
ビットコインを知ったころはビットコインを得るにはネット上のビットコインを掘り起こすこと聞いてどういうことかと???でしたが今回それの意味がネット上のビットコインの取引を記録していく作業を手伝う?ことで報酬としてビットコインを得ることだと知りました。
作業をする人たちをマイナー、取引を記録する作業のことをマイニングというらしいです。
意味は分かりましたがではどう作業を手伝うのか、それは個人がパソコンでも出来るようです。詳しく説明している文書を読みましたが実際高性能パソコンを買っても出来ないと思いました。説明されていることが理解不能です。もう最新の流れについていけていません。
2030年ごろには世界統一の仮想通貨が誕生し紙幣・硬貨がなくなると予想されていますが、高齢者の方はどうなるのでしょうか。現金を財布から出して払うことで買い物ができる程度の認知症高齢者などはどう買い物するのでしょうか。
心配する気持ちもありますがどこまで人類は進歩するのか楽しみでもあります。

コメント

コメントの投稿