FC2ブログ

居宅管理者の主マネ限定に懸念の声

居宅介護支援の運営基準を改め、主任ケアマネジャーしか事業所の管理者を担えないように厳格化していく厚生労働省の方針をめぐり、一部の関係者から懸念の声があがっています。

提案されている経過期間は3年間だ。 厚労省はあくまで、「経過期間で必要な人員を養成・確保できると認識している」との立場。担当者は審議会の席上、「経過期間が終わる前に実態を検証する。必要があれば新たな判断・対応を検討することもあろうかと思う」と説明した。
関連記事

コメント

コメントの投稿